いつまでも楽しむために~ゴルフ腰痛の原因と対策~

いつまでも楽しむために~ゴルフ腰痛の原因と対策~

いつまでも楽しむためにもゴルフ腰痛の原因と対策を知っておく

 

ゴルフで腰が痛くなったという経験をしている人も少なくないです。

しかし、なぜゴルフ腰痛が起こるのか、腰が痛くならないようにするにはどうしたら良いのかを知っておくと、大好きなゴルフをいつまでも楽しむことができます。

なぜゴルフをすることで腰が痛くなるのかというと、ゴルフと他のスポーツの違いや体の使い方に原因が潜んでいると考えられます。

ゴルフ・野球・テニスといったスポーツは、同じ側や利き腕を使用して行うスポーツで、特にゴルフのスイングはどちらか一方に体を捻じります。

つまり、同じ筋肉ばかり酷使して体のバランスが崩れて、骨盤や腰椎に歪みが起こり片方だけの腰に痛みを引き起こしてしまうのです。

 

また、練習やラウンド前に全身の筋肉を緩めるといった準備体操不足で、急激なスイングをすると筋肉を引き伸ばされて筋肉が傷つき炎症を起こし痛みにつながるのです。

それからラウンド中にカートに乗ってあまり歩かないことも腰の痛みを引き起こす要因として考えられます。

実は走ったり歩いたりすることで全身の筋肉を使うと、偏った使われ方でバランスを崩した筋肉が修正されるのです。

カートに乗って移動していると全身の筋肉を使うことが少なくなって、バランス修正ができなく崩れたままになって痛みを引き起こしてしまうのです。

 

では、どうすればゴルフ腰痛にならないのかというと、左右対称性やバランスを意識した動作を心がけることです。

例えば、反対方向に素振りをすると偏って使用していた筋肉が修正されて、バランスを戻すことにつながります。

ですから、筋肉バランスを考えて練習後やティーショットなどで待っている時に、反対側に素振りをすることは大事で、体のケアや腰痛予防を考えてもおすすめです。

また筋肉が温まっていないで縮こまっている状態でフルスイングした場合には、筋肉に大きな負担をかけてしまうことは理解できることです。

その為、必ず軽い体操やストレッチで腰や全身の筋肉を緩め筋肉が温まった状態にしてからスイングするように心がけることです。

腰を痛めないためにも体操やストレッチで体が温まったと感じられてから練習やラウンドをスタートすることです。

特に冬のゴルフは冷えとの戦いになるので、しっかり防寒対策をして足腰を冷やさないようにすることも大事です。

腰にカイロを貼って冷やさないようにするのも腰痛予防になります。

 

このような予防対策をしても、腰痛を起こしてしまったり腰痛の症状が変わらなかったりするケースもあります。

そのようなケースでは体の捻じれや歪みが大きく影響して軽度の脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアといった骨に異常が起こっている可能性も考えられます。

まずゴルフ自体のプレーを一時ストップして、病院や整体・整骨院などを受診してしっかりと体の歪みを改善することです。

整体や整骨院で骨盤や腰椎といった骨の歪みを改善すれば、結果的に腰痛も出にくくなりますし、腰などの痛みが起こりにくい体に変わって行きます。

 

ゴルフ腰痛対策を知っておくなら「藤うさぎ整骨院」にお任せください。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ限定特典
初回検査料無料(2,160円)
※初回の方限定

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


「藤うさぎ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒424-0853 静岡県静岡市清水区月見町1-8
電話番号 054-625-5530
営業時間 平日9:00~12:00/15:00~20:00(最終受付19:40)
土曜9:00~13:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 静鉄 桜橋駅より徒歩10分
駐車場 10台完備
静岡県静岡市清水区月見町1-8


コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY




MENU

MAIL

TEL
HOME