坐骨神経痛 姿勢

坐骨神経痛 姿勢

坐骨神経痛を引き起こす原因となる疾患



坐骨神経は、腰から太ももを通過して足先に伸びる神経の膝付近までの部分のことで、

この神経のどこかで障害が発生することにより坐骨神経痛が発生するのです。

坐骨神経ということでお尻周辺の痛みと考える方も多いですが、

先のように膝周辺まで伸びている神経なので、足の痛みの原因になることも少なくないのです。

また坐骨神経痛というのは、原因になる病気があってそれにより発症するひとつの症状であって、

病名ではないので勘違いしないことです。



引き起こしてしまう原因になる疾患

1・椎間板ヘルニア

背骨を構成している椎骨と椎骨の間には椎間板というのがあって、

体に対する衝撃を吸収するという重要な役割を担っているのです。

しかし弾力性があることから、様々な原因で椎間板に過度の負荷がかかってしまうと、

椎間板がはみだしてしまうことがあって、この時に坐骨神経を刺激すると

坐骨神経の通っている範囲に症状を引き起こしてしまうのです。

 

2・脊柱管狭窄症

脊柱管というは、背骨の中央にあって神経が通っているトンネル状のもので、

老化などの原因で狭くなってしまうことで症状を起こしてしまいます

歩行している時に腰の痛みや足の方へ痛み・しびれ・つっぱり感などが起こって、

途中で休憩しないと足が前に出なくなることもあるのです。

 

3・腰椎の分離症とすべり症

腰椎分離症というのは腰椎のある部分がレントゲンで確認できる程、切れてしまい分離してしまうものです。

ただ、腰椎が分離したからと言って必ずしも坐骨神経を刺激して、腰痛などの症状が発生するとは限らないのです。

問題はこの部分が不安定になってしまうことで、分離した状態により切れた部分の骨が前方に

ずれてすべってしまう腰椎すべり症が起こることです。

腰椎が滑ってずれることで神経が刺激されると症状が起こってしまうのです。

 

4.梨状筋症候群

スポーツや仕事などで腰や股関節などに過度な負担がかかり続けることで、

お尻にある筋肉の梨状筋にストレスがかかってしまいます。

実は、この梨状筋の下を坐骨神経が通過しているので、

梨状筋の状態が悪くなってしまう影響で坐骨神経を圧迫して症状が起こってしまうのです。



5・ガンが背骨に転移してしまった場合や背骨の中央を通過している脊髄の腫瘍

坐骨神経に刺激を与えて症状を起こしてしまう場合があります。

感じる痛みが安静にしていても変わらない場合や、痛みが夜間でも続く場合、

また今までに経験したことのない症状がある時には、早急に病院を受診して検査を受けることです。

腰の違和感や痛みなど坐骨神経に沿った症状がある場合には、

まず整形外科で検査を受けることで、ガンや腫瘍が原因と判明したら専門の診療科を受診することです。

このようなケースも考えられるので、痛みを我慢し過ぎることは症状の悪化につながると認識して、

早めに病院を受診することです。


藤うさぎ整骨院


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ限定特典
初回検査料無料(2,160円)
※初回の方限定

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


「藤うさぎ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒424-0853 静岡県静岡市清水区月見町1-8
電話番号 054-625-5530
営業時間 平日9:00~12:00/16:00~20:00(最終受付19:40)
土曜9:00~13:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 静鉄 桜橋駅より徒歩10分
駐車場 10台完備
静岡県静岡市清水区月見町1-8


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME