骨盤のゆがみ 基礎代謝低下 清水区

骨盤のゆがみ 基礎代謝低下 清水区

骨盤のゆがみで基礎代謝が低下!! 骨盤は全身の骨格の中心です。 骨盤のゆがみは体のバランスを悪くしますが、基礎代謝を低下させ、筋力の低下や下半身太りの原因にもなるのです。 基礎代謝ってなんだろう? 基礎代謝は人が生命を維持するために消費するエネルギーを言います。 何もしていなくても、呼吸や体温維持、心臓や内臓が活動しているので体の中でエネルギーが消費されています。 何もしていなくてもお腹がすくのは、生きていくためにエネルギーの消費が行われているからです。 基礎代謝が低下するということは? 何もしなくても人はエネルギーを消費していますが、この基礎代謝の量は年齢を重ねるごとに減少していくのです。 基礎代謝量のピークは10代なので、成人してからは減少していくだけということになります。 つまり、何もしなくても消費するエネルギーの量は年々減少していくので、食事の量を減らすか運動してエネルギーを消費しなければ、消費されないエネルギーは脂肪として蓄積され太ってしまうということになります。 筋力の低下・冷え性が基礎代謝を低下させる 骨盤のゆがみが引き起こす筋力の低下・冷え性は基礎代謝を低下させます。 骨盤のゆがみは、さまざまな症状を引き起こし、太りやすくてやせにくい体を作ってしまうのです。 骨盤のゆがみと筋力の低下 骨盤がゆがむことによって、姿勢が崩れ、筋肉の緊張のバランスが崩れてしまいます。 使う筋肉と使われない筋肉が出てきてしまうのです。 そのため、筋力が低下し基礎代謝も低下してしまいます。 骨盤のゆがみが引き起こす悪循環 骨盤のゆがみによって、体もゆがみ、そのことで脂肪のつきやすいところや筋肉のつきやすいところが出てきてしまいますが、体がゆがんだまま筋肉や脂肪がついてしまうので、さらに骨盤のゆがみを悪化させてしまいます。 また、ゆがみにより筋力が低下している部分をかばうことも、ゆがみをさらに悪化させてしまいます。 このようにして、ゆがみがひどくなり、ゆがみによって引き起こされる症状も増えてしまうのです。 骨盤のゆがみは下半身太りになる 骨盤のゆがみは下半身太りになると、 下半身の血液・リンパの循環が悪いので足がむくむ(水分や老廃物が下半身にたまってしまう) 下半身の筋力の低下により、脂肪がつきにやすくなる 骨盤が開くことで内臓が下に下がってしまい、下腹が出てしまう 骨盤が開くと、お尻が横に広がって大きく見えてしまう 骨盤のゆがみが引き起こす上記のような理由で、下半身太りとなってしまいます。 ほとんどの人が上記のようないくつかの原因がかさなって、下半身太りに悩まされているとか。 基礎代謝が低かったり血液やリンパの流れが悪かったりすると セルライトがつきやすくなってしまうので、特に骨盤のゆがみによる下半身太りは解消し難いのです。 上記のような症状でお困りの方はぜひ藤うさぎ整骨院にお任せください!! 054-625-5530

ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ限定特典 初回検査料無料(2,160円) ※初回の方限定

お申し込みはこちら

電話・メールでのお問合せ


「藤うさぎ整骨院」へのお電話はこちら

住所 〒424-0853 静岡県静岡市清水区月見町1-8
電話番号 054-625-5530
営業時間 平日9:00~12:00/16:00~20:00(最終受付19:40) 土曜9:00~13:00
定休日 土曜午後、日曜、祝日
最寄駅 静鉄 桜橋駅より徒歩10分
駐車場 10台完備
静岡県静岡市清水区月見町1-8

コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

MAIL

TEL
HOME